| Home |
■KHV(鯉ヘルペス病)について

平成17年度には、錦鯉の流通や移動を通じ、KHVウイルス保菌鯉が感染源となり、養殖場等で感染が拡大したと疑われる事例が数多くありました。

錦鯉の業界が輸出に大きく依存する産業であることを考慮すると、今後もウイルスフリーの錦鯉を生産・流通してゆくことが錦鯉産業を維持・発展させるためには不可欠です。

「いい鯉ネット山古志」はKHV発生の事例はいちどもありません。
         
 KHV(鯉ヘルペス病)の場合、自然治癒したり、昇温治療を施した鯉は、PCR検査に対して陰性となる固体もありますが、一見健康そうに見えるこれらの鯉はKHVを持ち続けておりウイルス保菌コイとなることが確認されています。

例えば、KHVに感染後、32℃で昇温治療を行ってから14ヶ月が経過した鯉にもKHVの存在は確認されており、このような鯉にストレスが加わるなどの原因により体調不良に陥り、鯉自身の免疫力が低下すると、ウイルスが
活性化すると言うことが、(独)水産総合研究センターをはじめ関係研究機関での実験により確認されているようです。

 すなわち、「自然治癒した鯉や昇温治療した鯉は完治し、他の鯉に病気はうつらない」というのは全くの誤解のようです。
このような鯉は、体内にKHVが生き続けているにも拘わらず、見かけ上健康であり、病気の症状がでないことから、売買・一時預かり・品評会への出品等流通や移動を通じて、感染を拡大させる原因となる可能性があります。

「当サイト」ではそのような事例は無く、また飼育過程においても、厳重な注意を払っている為、お客様にご心配をお掛けするような事はありません。
安心してご購入ください。
[ Home ]